せめて人並みの幸せを。

高学歴の成れの果て

不幸じゃないからといって、幸せとは限らない。

東大卒業してるし、 学生時代は楽しく過ごしたし、 大企業に就職したけれど、 僕の人生、全然幸せじゃない。

給料もあるし、 会社の人間関係も悪くないし、 読書とかお笑いとか、趣味もそれなりに楽しいのに、 僕の毎日、全然満足できない。

東大も大企業も、大したところじゃないと思っているし、 それを自慢に思う気持ちもさらさらないけれど、 それにしたって、もっと幸せであるべきちゃうんか。

病気で死にかけたことも、 学生時代イジメられたことも、 親が死んだことも、 理不尽な暴力や暴言を受けたことも、 一つもないけれど、 何だろう、この虚無感。

たぶん、 心からやりたい仕事をやってる人とか、 親友や彼女がいる人とか、 趣味を極めている人とかがこの世の中にいて、 そういう人に比べて不幸な自分が見えるから嫌なんだ。

24歳。年を経るたびに可能性が収束していく。

何歳からでもいいからやり直したい。