今日も東京の街は綺麗で

社会人3年目のコンサルタントのブログ

"非モテの帝王"武者小路実篤著『友情』は昭和の傑作ラノベ

生涯もはや一冊しか本が読めないとしたら、僕は武者小路実篤著『友情』を選ぶだろう。

文学つまらない問題

日頃から趣味は読書と言っていると、お勧めの本を聞かれることも多いわけだが、そこで文学作品を答えたりなんかすると、だいたい引かれる。
まあ実際、文学のほとんどは面白くない。面白いと言われていてもfunnyというよりは、interestingな、こういう面白さもあるわなみたいなものだったりする。 でも別にそういう面白さは通常お呼びでない。 僕は一通り文学を読み込んできたつもりだが、その大半は文学を読む自分に酔うために読んだと言っても過言ではない。自称読書家ってそういう生き物だと思う。

それでも、『友情』は神がかり的に面白い。

ではなぜ今回、武者小路実篤なんていう、バリバリの文豪の作品をお勧めしているのかというと、理由は三つある。

  • キャラクターが現代調
  • 会話文が多い
  • 杉子みたいな女に騙された経験ってあるよね

あらすじ(ネタバレあり)

、とその前にあらすじをば。 簡単に言うと、イケてない主人公「野島」くんが、親友の「大宮」(イケメン)に好きな女を奪われるっていうどうしようもない話である。 タイトルは『友情』やけど、最終的に友情、完全に崩壊する。

お勧め理由①キャラクターが最高

そもそも文学ってなんでつまらんのかっていうと、キャラが古臭くて感情移入できないからだと思う。
その点、野島くんは現代のラノベ主人公のようなこじらせ方してて、最高である。最低で最高である。こいつ絶対童貞やと思うわ。
でもそれでいて憎めない。てか最後の咆哮を聞いて野島を好きにならないやつって果たして存在するのか。

君よ、君の小説は君の予期通り僕に最後の打撃を与えた。殊に杉子さんの最後の手紙は立派に自分の額に傷を与えてくれた。僕はもう処女ではない。獅子だ。傷ついた、孤独な獅子だ。そして吠える。君よ、仕事の上で決闘しよう。君の残酷な荒療治は僕の決心をかためてくれた。今後も僕は時々寂しいかも知れない。しかし死んでも君たちには同情してもらいたくない。僕は一人で耐える。〜〜

そして大宮も素晴らしい。こんな好青年っていつの時代もいるもんだね。この結末をもってしてもなお、友達になりたいレベル。
てか大宮は最初杉子と付き合うのはないわって感じなんですよね。杉子に言い寄られてるのに、若干ドン引きするくらい野島を勧めまくってるし。

野島の見かけばかりにまだひっかかっていらっしゃるように見えます。野島の魂を見てほしく思います。野島を友だからほめるのではありません。野島は実際、ほめていい僅かな人間の一人です。そんな男に恋されたことはあなたの名誉です。

結局悪いのは杉子

結局、野島に最初思わせぶりしといて「大宮さん大しゅきー」って言ってる杉子が悪いんすよね。「でもそんなつもりじゃなかったし〜〜」「尊敬はしてるんですけど〜そういう目で見れないっていうか〜〜」ってなんやねん。地獄に落ちろ。

お勧め理由②『友情』は会話文が8割

文学ってなんでつまらんのかっていうと、聞いたこともない古臭い描写表現が延々続くからだと思う。
その点、『友情』はほぼ会話文なので、読むのに変なストレスがかからない。その上文庫で150ページくらいなので、すぐ読めてしまう。
薄くて、会話が多くて、しかも面白い文学作品とあれば、もう読まない理由が存在しない。

お勧め理由③杉子あるある

結局『友情』とは杉子という一人の女にかき乱される男たちの友情の物語である。でも杉子みたいな女性って現代でもよく見かけると思うのです。
この杉子という存在が、野島への共感を、『友情』への共鳴を支えてくれているのかもしれない。
かくいう僕も、初めて『友情』を読んだ時には、蘇る黒歴史に耐えながら「女ってやつは」と叫んだものだ。

結論:読めばわかる

とにかく神作品かつ薄くてしかも安いという、早い、安い、美味いみたいな小説なので、ぜひ読んでみていただきたい。

この本がきっかけで、 実篤ゆかりの地仙川に引っ越したくらいの作品。

[asin:410105701X:detail]