せめて人並みの幸せを。

高学歴の成れの果て

"非モテの帝王"武者小路実篤著『友情』は昭和の傑作ラノベ

生涯もはや一冊しか本が読めないとしたら、僕は武者小路実篤著『友情』を選ぶだろう。 文学つまらない問題 日頃から趣味は読書と言っていると、お勧めの本を聞かれることも多いわけだが、そこで文学作品を答えたりなんかすると、だいたい引かれる。 まあ実際…

楽しむために人狼をやる奴は帰り夜道で襲われろ

人狼って、数年前までは、じめっとした連中の知的遊戯だったはずなのに、 いつの間にやら、日向者も当たり前の顔で入ってきていて、 プレーヤーが増えたこと自体は喜ばしいことだけれど、 勝つためにやっていない人間が時折混ざっていて、冷める。 そしてキ…

好きな女が電車の向かいの座席で、その膝に枕した男の髪を撫でている

まるで私の男だと言わんばかりに撫でている。 伏せた目は、その男の横顔を愛おしそうに眺めている。 僕はその様子を眺めている。 正確には、視界の端にその姿を捉えている。 しょうもない女だ、と思う。 どうして飲み会で騒いで暴れて、店にも他の客にも迷惑…

星野源は嫌いだけど、星野源が好きって言ってる女は好き

星野源って、2015年の紅白でSUN歌ってたときから、 なんとなくいけ好かないなあと思っていたけれど、 原作から大ファンだった「逃げ恥」でガッキーと契約結婚し出したあたりから、 嫉妬も含め、めちゃめちゃ嫌いになった。 大したイケメンでもないく…

不幸じゃないからといって、幸せとは限らない。

東大卒業してるし、 学生時代は楽しく過ごしたし、 大企業に就職したけれど、 僕の人生、全然幸せじゃない。 給料もあるし、 会社の人間関係も悪くないし、 読書とかお笑いとか、趣味もそれなりに楽しいのに、 僕の毎日、全然満足できない。 東大も大企業も…